こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

PSVita『Unit13』が面白い

どうもコリンズです。

世間はNintendo Switchの話題でもちきりですが私はまだ購入していないのでレビューなどすることができません。
ゼルダは気になりますが、もっとソフトが出揃ってから買おうと思ってます。
 

f:id:tegretol12:20170306090808j:plain

 
今回は任天堂ではなくSonyのPSVitaソフト『Unit13』のお話。
これは2012年に発売されたTPSソフトでもう知る人ぞ知る名作です。
最近面白いゲームがないかと古いソフトを漁っていたら出てきたので久しぶりプレイしたら楽しかったので紹介します。
 
 

Unit13とは

先ほども軽くご紹介しましたが2012年発売のTPSソフトで少し古めのものです。
TPSというジャンルはサードパーソンシューティングの略で、バイオハザードなんかをイメージしていただければわかりやすいと思います。
キャラクターの背中が画面に映った状態で操作するシューティングです。
 

このゲームの面白さ

ストーリーはあってないようなものですが、6人のキャラクターをが対テロ組織の一員でそれらをミッションごとに切り替えてプレイしていくもの。
キャラ毎にコンバットやスナイパー、ステルスなど得意分野があるのでミッションに向いたキャラクターを選択して進めていくのが攻略のキモ。
 

f:id:tegretol12:20170306090841j:plain

 
このゲームの面白さはコンバットミッションでドンパチやって敵を撃ちまくるものあり、ステルスミッションでメタルギアソリッドの様に隠れて進んでいくのもあり。
キャラクターやミッションによって攻略方法を変えられるのが面白いです。
 

携帯ゲーム機ならではの操作性

携帯ゲーム機だとFPSやTPSといったシューティングをする時、照準を合わせるのが難しいと感じることがあると思ます。(ヘッドショットなど細かい操作が求められるので)
Unit13の場合、敵の頭の近くまで照準を持っていけば吸い寄せられる様にピタッと合わせてくれるのでずれて全然倒せないなんてこともないです。
寧ろサクサク倒せて気持ちいいです。この仕様のお陰でスナイパーは遠距離で死角から見つからずに倒せるので楽しいですよ!
 

まとめ

今回は数年前のソフト『Unit13』をご紹介しました。
最近は面白くてちょこちょこプレイしています。気になる方は今なら安く買えると思いますのでプレイしてみてはいかがでしょうか?
 
コリンズでした!
 
Unit 13 - PS Vita

Unit 13 - PS Vita