こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

【感想】モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

どうもこりんずです。

 

Kindleを購入して本を読むという習慣が身につきました。

だらだらとネット記事を読む生活から、時間をかけて考えて書かれた本を読んで刺激を受ける喜びを感じる生活へ一変しました。

Kindle最高です。

 

Kindleでを買ったら本屋に行かなくても手軽に本を購入できるのでバンバン読んでほしいのですが、私が最近読んだ本でおすすめのものを紹介します。

 

 

所謂、自己啓発本に属するものだと思います。

もともと本を読まない私からしたらジャンルは気にしないのですが、人によっては自己啓発本にアレルギー反応を出す方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、この本は一度手に取ってもらいたいです。

非常に読みやすく、内容も濃い。今の時代の「 仕事」に対しての考え方を説いています。

 

「乾いた世代」と「乾けない世代」

 
この本では30代以下の世代や「ゆとり世代」のことを「乾けない世代」、
それより上の世代を「乾いた世代」と表現している。
 
「乾けない世代」とは何なのか?
生まれた頃から衣食住、周りに不足したものはなく既に満たされている世代のことを言っています。
 
反対に「乾いた世代」とは戦後の日本で食べるものも少なく、
車も家電もこれから作っていかなければならない状況に置かれた世代のことを指しています。
 

仕事と幸福感

 

我々人間が生きていく中で幸せだと感じる場面が多い方が生きやすいのはごく自然なこと。

そして現代社会を生きていく中でどうしても関わらざるを得ないのが「仕事」という存在。

 

乾いた世代の幸福

 

「乾いた世代」にとって仕事 = 幸福だったとこの本は説明しています。

物が不足している時代には生産物を黙々と大量生産することだけでそれが人々の喜びとなり、自分の糧にもなる。

 

ある程度物が供給された時代には便利な物(車やテレビなど)身の回りにない新しいものを自分たちで作っていく"達成感"を感じることができました。

 

「乾いた世代」は自分たちが仕事をするだけで社会が変わり、それが誇りや自身になりやすい世代だったと書かれています。

 

乾けない世代の幸福

 

「乾けない世代」は生まれた時からないものがないです。非常に便利な世の中です。

先輩世代の「乾いた世代」達がないものをなくしていった努力のおかげでもあります。

 

「乾けない世代」にとっての幸福とは何か?

ないものを作り上げて達成感を感じたり、自分たちで社会を作り上げていったりそういったものではないです。

ないものはないですし、社会のルールもすでに出来上がっています。

 

仕事に意味や価値を見出して幸福を感じる。

また、自分の好きなことに打ち込んだり好きな人たちと過ごす。そういったプライベートな時間に幸福を感じる傾向にあると書かれています。

 

私は「乾けない世代」なのですが、ドンピシャです。

昔仕事をする意味がわからなかったですし、今でも仕事よりも自分の時間のほうが大事だと感じています。

 

そして大切なのが、ないものがなくなった今になっても「乾いた世代」の働き方は変わりません。

昔ながらの仕事のやり方を「乾けない世代」にも当てはめようとするのでギャップが生まれます。

 

「乾いた世代」と「乾けない世代」の仕事から感じる幸福感は違うので、そこに問題があります。

故に「最近の若者は…」「ゆとり世代は」という言葉が生まれるのでしょう。

 

これからは「乾けない世代」の時代

 

「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」

 

ではまだまだたくさんのことが書かれていますが、時代は変わっていき「乾いた世代」のやり方から変わっていくと書かれています。

 

人工知能のAIが発展し「乾いた世代」が得意としていた黙々と生産するような業務はどんどん奪われていきます。

これからの私達がやれる仕事は「乾けない世代」が得意とする「好き」や「こだわり」だといいます。

 

その好きなことを続けて成長させていくと、次第に周りに必要とされるスキルとなりお金となりいつの間にか好きなことが仕事となる。

そんなことが書かれています。

 

「こだわり」という非生産性なものはAIには不要なもの。

ただ、人々にはその非生産性なものこそ求められていたりするのです。

 

まとめ

私は10年近く前から社会に出ること、働くことに疑問を持っていました。

本当に意味がわからないと親に反抗し、パンクロックをし、それでも働かなければ生きていけなくて。

それでもこの思想だけは心の奥底にひっそり眠らせて忘れないようにしまっておき今日まで生きてきました。

 

そしてこの「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」と出会って、感動。

自分は間違っていない。この感覚を信じていいんだなと自身が持てました。

 

ぜひ、私のような悩める若者にこそ読んで欲しい一冊です!

Amazon Prime会員なら無料で読めますよ!

 

こりんずでした。

 

 

 

 

広告を非表示にする