こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

BlackBerryからMacへ外部SSH接続する方法

どうもこりんずです。

 
私は現在LPICの資格取得のために勉強をしています。
通勤時間も参考書を読んでいるのですが、コマンドなどの説明が出てきてもいまいちイメージがしづらいです。
 
そこで自宅にLinuxサーバー環境を構築して通勤中にSSH接続してコマンドの勉強に利用しようという考えました。
 
ただ、SSH接続自体やったことありませんし、私の家の環境はMacにVirtualBoxを入れて仮想環境でCentOSを動かしている状態なので素直に外部アクセスできるかよくわかっていません。
 
最初はSSH接続とはどんなものか理解するためにも、MacへのSSH接続を試してみました。
 

  

Macへ外部SSH接続するための設定

 
まずはホスト側になるMacに接続できるように準備をします。
左上のAppleマークから「環境設定」→「共有」に進みます。
 

f:id:tegretol12:20171219003248p:plain

 

f:id:tegretol12:20171219003301p:plain

 
「共有」の中のリモートアクセスにチェックを入れます。
Mac側の設定はこれだけ。非常に簡単ですね笑
 
もしローカルで接続する場合はここで表示されるIPアドレスを指定します。
今回は外部接続(外出先からの接続)なのでスルーで構いません。
 

グローバルIPアドレスの確認

 
こちらのサイトで自分のグローバルIPアドレスが確認出来ます。
控えておきましょう。
 

ポート開放の設定

 
ブロードバンドルーターは通常、インターネットへの接続をできるようにするだけでなく、外部からの不正な通信を遮断する役割も持っています。
 
普段は非常にありがたい機能なのですが、今回やりたい外部からのSSH接続の邪魔になります。
ルーターの設定を弄って「指定した端末への通信信号が来たら特別許可する」というポート開放をしてあげなければなりません。
 
 これは利用しているルーターによって設定方法がことなるのでそれぞれ確認が必要です。
私はソフトバンク光のBBユニットのポート開放を行いました。
 
基本的にはルーターの設定にポート番号(例えば22番)を指定して、接続したい端末のIPアドレス(今回はMac)を指定してあげます。
 

BlackBerryからの接続

いよいよBlackBerryからのSSH接続です。

私はBlackBerryClassicで接続をしました。SSHクライアントを用いる必要がりますので、まずはGooglePlayストアからDLします。

 

私が利用しているのはConnectBotというものです。

play.google.com

 

これであとはアプリからMacの「ユーザー名@グローバルIP」でポートは22番ポート開放で指定したものを入力してあげれば外出先からアクセス可能になります。

 

Macのターミナル画面にアクセス出来るようになりますのでコマンドで操作するようになります。

 

Linuxでアクセスできるようにするには?

これと同じ原理でMacをLinuxに切り替えるとLinuxにもリモートアクセスできると考えていますので(調べた限りはそうだと思っています)、今度実践したいと思います。

 

以上、こりんずでした。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする