こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

LPIC Level1のおすすめの勉強方法!〜Kindle利用〜

どうもこりんずです。

 

現在Linuxの検定試験「LPIC」を勉強しております。

ネットワークエンジニアとしてやっていくにはぜひ取っていきたい資格のひとつです。

 

f:id:tegretol12:20171125211915j:plain

 

今回は私が実践しているLPICのおすすめ勉強方法をご紹介したいと思います!

 

www.lpi.or.jp

 おすすめの参考書

 

参考書での勉強はメジャーな勉強方法です。

LPICは受験料が約15000円と高いので、参考書を購入するだけで勉強できるのは大きなメリットです。

おすすめの参考書は以下の通り。

 

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版 (徹底攻略)

 

 

これはLinuxに触れたことがない人向けに書かれた優しい内容となっております。

導入の書籍としては非常におすすめ。

おまけでCentOS6もインストールできますので、 実際にコマンドを打ちながら覚えることができておすすめです。

 

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応

 

 

LPICの参考書といえば王道の書籍のようです。

私も今はこれで勉強しております。最初に紹介した1週間でLPICの基礎が学べる本よりも内容が濃いです。

ただ、この本は非常に分厚いです…笑

 

参考書のデメリット

参考書で勉強するメリットは料金を安く抑えられることですが、デメリットは本が重くて持ち歩くのが大変なことです。

特にこういった参考書は特に分厚い傾向にあります。

 

そこでおすすめするのが電子書籍の利用です。

 

Kindleでの学習

Amazonの電子書籍端末Kindleを利用することで分厚い書籍も軽い端末一つで済みます。

沢山の本を一つの端末にまとめて持ち歩けるのが電子書籍のメリットなので、こうした重い参考書を持ち歩くときにも真価を発揮すると感じています。

 

 

Kindleなら電池も数週間保ちますので使い勝手も良いですし、LPICに関わらず重い参考書を沢山持ち歩くような場合におすすめします。

 

以上、こりんずでした!

 

広告を非表示にする