読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

節分は恵方巻派?豆まき派?

お題「恵方巻」

 

どうもコリンズです。

もう1月も終わりに近づき2月を迎えようとしています。

2月に入るとすぐに節分がやってきますね。今回は節分のお話。

 

私、このブログではこういった季節ネタなど書かないのですが…特にネタがなかったのではてなブログの『お題スロット』なるテーマをランダムに決めてくれる機能を使って今日のブログを書いてみたいと思います笑

節分と言えば恵方巻き?

みなさんは節分と言えば最近は恵方巻きですか?

コンビニやスーパーなどでも大々的に恵方巻きが売り出していますが、記憶違いでなければこうして節分に恵方巻きが食べられるようになってからまだ十年も経っていないのではないのでしょうか?

それまでは「鬼は外〜福は内〜」なんて言って豆まきをしていたイメージ。

 

私は節分と言えば、鬼のお面を被った大人に子供たちが豆を当てて後から豆を拾って食べたりする行事と記憶しています←

更にその年の秋頃に家具の下から回収されずに干からびた豆がひょっこり出てきたり

 

これに関しては調べたわけではないので地域性があるのかわからないですが、昔はこうした豆まきで育ったので正直恵方巻きに馴染みがありません。

確か恵方巻きは関西方面で行われる節分の行事だと思っていたのでそういったものが今では全国的に行われているんだなよなぁと記事を書きながら再認識しています笑

 

何故恵方巻きが広がったのか?

数年前から恵方巻きが全国に広がってそこから毎年行われていますが、何故広がったのかと考えてみました。

 

きっかけはわかりません。

もしかしたら同じ2月のイベントのバレンタインデーと同じように、チョコを売りたいがためにどこかのお店が関西方面の節分行事を広めようとしたのかもしれません。

ただそういった事で「お、豆まきより簡単じゃん?」「豆まき飽きたし良さそうじゃん」「恵方巻き?美味しそうじゃん」とか新しいものに飛びついて爆発的に広がっていったのかもしれませんね。

 

私は幼い頃からの馴染みの豆まきをするのかって?

まさか。めんどくさいですから恵方巻き食べますよ。美味しいですから。

 

コリンズでした!