読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こりんずブログ

ガジェットを中心とした趣味のブログ

SONY MDR-CD900ST購入&簡易レビュー

ついに手に入れました!モニター用ヘッドフォン!
今回は音楽関連のお話です。

MDR-CD900ST購入理由

MDR-CD900STは音楽をやっている人なら一度は憧れるヘッドフォンかと思います。
”いい意味で素直な音”とか”癖のない音”とかよく聞きます。
そして音楽業界なんかではよく使われていて、このヘッドフォンの音が基準といっても過言ではないくらい色んな所で目にします。
実際私も昔に使う機会があり、気に入っていました。

ただこいつ、音がいい分少々お高いんです。
なので結構長い間購入を迷っていました…

私が音に拘る理由としましては、個人的に自宅でギターとパソコンを使って作曲なんかもしたりしているのですが、
その時にギターの音やパソコンで打ち込んだソフトウェア音源の音をモニタリングするのにヘッドフォンを使います。
このヘッドフォンが出す音が変に加工された音だと音作りする時に影響してしまうので結構大事です。

今までのヘッドフォン

ATH-M30。もうずっと何年もこれを使っていました。長い付き合いです。

audio-technica モニターヘッドホン [ATH-M30]

audio-technica モニターヘッドホン [ATH-M30]

画像を見ていただければ分かるかと思いますが、付き合いが長かったせいかイヤーパッドの所がボロボロです。
しかもこれ何年も前からこの状態だったりしますw

こいつは5、6千円程度で買えるお手頃なヘッドフォンなのですが、その価格帯にしては結構いい音だしてくれます。
個人的には悪く無いと思います。ただ、低音が強めなのでやはり”癖のない音”とは言えないですね。

ヘッドフォンは着け心地も重要で、長時間ヘッドフォンを着けて作業していると
押さえつけられた耳が痛くなってきたりしてしまいます。
ATH-M30も長時間の作業向きではないです。

音が出なくなったということはないのですが、買い替えようと思う点はいくつかあります。

  • イヤーパッドがボロボロ剥がれてくる
  • 低音が強めの音で癖がある
  • 長時間の装着には向かない

こんな感じですね。

MDR-CD900ST開封

パカッと箱を開けたらこんな感じでビニールに入っています。

もぞもぞとビニールから取り出して…

出ました!夢にまで見たMDR-CD900STです!デザインもシンプルでかっこいいですな。

早速、音のレビュー

今回は私がギターを弾く時に使っているPODxtというアンプシミュレーターに接続してみます。

ギターの音、いつものセッティングのまま弾いてみましたが、なんだかシャカシャカしている印象。
今まで使っていたATH-M30が低音寄りの音なので、その分高音を強調した音作りになっていたんですね。

そこら辺も好みの音に調整して再度弾いてみると、なんでしょう、なんて言ったらいいのかわかりませんが、
今までのATH-M30でクリーントーンのギターの音を聴くと弦一本一本の音が少しもこもこしてたんです。
それがMDR-CD900STだと生音*1に近い弦の鳴りなんですよね。
それがまた凄く気持ちいい!特にカッティングした時が堪らない。

これはいい買い物をしました。もっと早く買っていればよかったなあw
それと気になるお値段ですが、1万6千円くらいで購入しました。

SONY MONITOR HEADPHONES MDR-CD900ST

SONY MONITOR HEADPHONES MDR-CD900ST

私が改めて紹介するまでもないくらい有名過ぎるヘッドフォンですが、
音楽やる方にはおすすめのヘッドフォンですので興味があれば購入を検討してみては?

ではまた!

*1:アンプなどに繋がないギター本体だけで鳴る音